【2杯目】梅酒道

 前回の続きです。

まずは、
「子宝大吟醸梅酒」(山形県/楯の川酒造)



日本一の梅酒を決める「天満天神梅酒大会」で2010年度グランプリの梅酒です。
1.8L換算で1200本限定販売と言うことで、グランプリにも輝いてしまったし、さすがに入手できないだろうとあきらめていましたが、酒屋さんが偶然にも1ケースだけ入手したという情報をゲットww。すぐさま買いに走りましたww
大吟醸をベースです。非常に口あたりもよくフルーティーで飲みやすいです。色も凄くキレイですね。
さすがです。とても美味しかったです。

続いて↑と同じ系列です。
「子宝 プレミアムリッチ梅酒」(山形県/楯の川酒造)

こちらは、↑の大吟醸ベースと全く違っていて、焼酎ベースです。
果肉がたっぷり入っていて、どろんとしていて濃厚です。写真には写ってませんが、果肉がたっぷり上の方に浮いています。ザラザラした食感も良くて美味しかったです。↑の大吟醸ベースが食前、食間酒なら、こちらはデザートですw

お次は、ついに高い梅酒に手を出し始めましたww
「樽仕込高級梅酒ゆめひびき」(大分県/おおやま夢工房)

箱入りですw。開封しました

薄くて丸い独特の瓶に入ってます。
梅酒は、だいたい720mlの瓶で1000円台で、高いものでも2000円台と、日本酒やウィスキーの世界に比べると、かなり安いです。こちらは、200mlで2500円ぐらいですw。高級ですねw
樽仕込みでウィスキーベースの梅酒ということで、香りも大変良く、とっても美味しかったです。500mlの瓶の方は、とてもキレイな風呂敷に包まれていて販売されてます。次はこちらの方が欲しいですw

とゆーことで、今回は、ここまでなんですが、、、
前回も今回も(たぶん次回もw)ブログの中に「天満天神梅酒大会」という梅酒の大会が出てきましたが、全国の梅酒の中から日本一の梅酒を決める大会となってて毎年やってます。
じゅにあが梅酒を選ぶ基準をこの大会からしてたりします。
今年も大阪の大阪天満宮で2月に開催されます。一般の人も試飲と投票で参加ができますので、興味のある方は、ぜひぜひw

公式サイト
http://umesusu.jp/taikai/info/

とゆーことで、続くw


TwitterやFacebookのアカウントにログインしてコメントを書くこともできます